-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-21 01:29 | カテゴリ:非日常
今日は午後外出して、帰りに六本木ヒルズ寄ってきました。
もうちょっと便利な場所(駅から近いとか)にあれば
苦じゃないんですが、寒くても暑くても歩くのが苦痛な距離、、、
に感じます。

さんざうろうろして「はー疲れた、帰ろう」って思い立ったが、
あの小さな町のような場所から抜けるのがまた一苦労。
レジデンスのビルは、1階がガラス張りで、見た目普通のビルと変わらず
自動ドアがついているんですが、
セキュリティのため、ドアは開かず、通り抜けができないんですね。
そんなんで、開かないドアの前に立ち尽くしてしまった。。。
(もう足痛い、遠回りしたくない、ちょっとでも近道して駅にたどり着きたい気持ちでいっぱい)

そこへ、ヒルズのレジデンスのどこかにお住まいと思われる、初老の女性が登場。
キーをセンサーにさらして、ドアを開けてくれました。
「あっはー、どうもありがとうございますー。」
「セキュリティの関係で、一般人は通り抜けできないんですね」
って私が話すと「あら、そうなの~?不便ね」っと
ぜんぜんセキュリティのことなど頓着していない様子。。。(^^;;
さすが、ヒルズに住む人は違うわ。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://poodleparty.blog60.fc2.com/tb.php/75-fd5c15c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。