-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-04 01:31 | カテゴリ:遺伝子疾患-SA,ブロート
ジャンル:ペット テーマ:ペットの健康・病気・怪我
1週間ほど前にSA(Sebaceous Adenitis=脂腺炎)
検査用皮膚サンプルを近所の獣医さんに採ってもらいました。
↓奈々の皮膚。厚みは1cmくらいありました。
奈々の皮膚

友人が、自分の犬の皮膚を、「アメリカの検査機関に送るので、
よかったら一緒に送るよ」と誘ってくれて、
「それならば便乗して~」なんて考えがあまかった。
次の日、動物病院2軒に電話してみたところ、
6mmのディスポーザブル・バイオプシー用スキンパンチなんてものは
どちらの病院にも置いてなくて、問屋からもいつ来るか分からず、
さて、友人はさっさとサンプル採って待っててくれているのに、
本当に間に合うのかい?とちょっと不安もありましたが、
なんとか無事採れて送ることができました。
いつも診ていただいている、成増の水野動物病院の水野先生、どうもありがとうございました。
問い合わせだけした、板橋区の大きな動物病院「アニホス」の先生も、
患者でもない私の質問に丁寧に対応してくださって、本当に感謝でした。
どうもありがとうございました。

さて、今日は抜糸でもう一度水野動物病院へ。
どっち(奈々&スカイ)も治りが早すぎるようで、先生はびっくりしてました。

うちの子たちは、健康でありがたいんですが、
それゆえ獣医に行く機会も少なく、獣医の小さな待合室で
他の犬と隣り合わせになる状態に慣れてなく、
興奮しやすいので、今日はジェントルリーダー
つけていったんですが、これがとても良かったです。

水野先生もすぐ気がついて、
「お、ジェントルリーダーつけているねー。
つけ方(装着)気をつけてね!じゃないと、上手くいかないから。」
と、とてもよく知っている様子で、私はちょっとびっくりしてしまいました。
というのも、一昨年くらい、羽生さんに装着の仕方を注意されて、
奈々とスカイに上手く装着できるよう調節してもらったんです。
(なので、今は自分で正しく装着できます。)

病院を出てすぐ、通りかかった人に
「あれー、奈々ちゃんとスカイ君?」と聞かれ、
偶然私のブログを発見して、読んでくださっているという方に
お会いしました。
こんなにたくさんの人間がいる東京で、こんなことって
起こるんですね!!!
その方は、ミニチュア3匹と暮らしていて、
あっという間にほぼ30分立ち話でした。(^-^)
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://poodleparty.blog60.fc2.com/tb.php/69-361437f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。