-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-23 09:23 | カテゴリ:人間の健康、体の調子
ジャンル:心と身体 テーマ:薬・医者・病院等
夫はそのまま入院しているお部屋に連れて行かれ、
私は執刀してくださった先生をお話しました。

胆嚢は胆汁の流れが悪い状態で、胆汁は、濃く、
ドロッとしていました。

そして、胆石。
な、なんと、20個飼ってました。( ̄0 ̄;ノ

あー、7人の小人どころの話じゃないじゃん!

お部屋に戻ると、夫は可愛そうに、いろいろな
チューブにつながれていました。

まだ全身麻酔が効いているので、話しかけると普通に
話せても、次の瞬間寝ちゃってます。
30分後くらいに先生がいらして、20個の石を
プレゼントしてくれました。

石は、飼い主に似るのか、今ひとつ美しいものとは
かけ離れておりました。
どっちかというと醜い。。。

夫は「痛い~」と訴える。

お水は口に含んでもよいけれど、飲んではだめだとか、
全身麻酔後の吐き気抑制のために鼻からチューブが
入っていたのですが、それが不快で、
8時ごろ、看護師さんに「不快だから先生に聞いてください」
とお願いして、チューブを抜いてもらうのと、氷OKの
許可が出ました。

夫「I get what I want」とほざいております。
アタクシが頼んでさしあげたのですよ・・・

夜から歩行開始だ!と意気込んでいたわりに、痛くて
ベッドに座る姿勢もかなわず、その日はそのまま寝ました。

いつも訪問ありがとうございます!応援クリックよろしくです。↓
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://poodleparty.blog60.fc2.com/tb.php/286-f4d898c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。