-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-14 15:59 | カテゴリ:日常
私はアンティークってほとんど興味ないのですが、
たまたま近所に住む春鞠さんが詳しくて、
いろいろな話を聞く機会があり、ちょっとずつ親しみを感じています。

現在引越しのためのパッキング中で、キッチンの戸棚から
義母からもらったいろいろなものがぞろぞろ出てきて、
もらったときに教えてもらった小話などを思い出しています。

私は結婚したとき、だんなの母方のおばあさんのディナーセットと
カトラリーを全て頂いたのですが、このカトラリーが世界大恐慌の時代に
近所の映画館が人を呼ぶために、「点数を貯めると1本もらえる」
形式で、観客にプレゼントしていたものなのですって。
んで、おばあさんは、ほとんど全てそろえたんです。
(フォーク、デザートフォーク、ナイフ、スプーン、もろもろ10個ずつくらい)

ディナーセットのコンディションもかなりよいですが、
他にもよいコンディションのカップ&ソーサーなど幾つかあって、
びっくりしています。

昨日義母が食器のパッキングを手伝いにうちに来てくれたのですが、
そこで、話題になったのが、この小鳥のエッグスタンド。
エッグスタンド

旦那が子供のころに使っていたものです。
おばあさんがあるイースターに孫全員にプレゼントしたものだそうで、
エッグのところに卵形のチョコが入っていたらしい。
Laura Secordというカナダで有名なチョコレート屋さんで買ったものです。

春鞠さんがずっと前に鑑定してくれて、このエッグスタンドが
日本製だということは分かっていたのですが、
60年代後半~70年代のことだと思うんですが、
今のように通信手段が発達していない時代に、
チョコレート屋が直でとは思いませんが、
誰かが日本に発注したんですよ。
日本人、頑張っているなー!!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://poodleparty.blog60.fc2.com/tb.php/28-48ab30c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。