-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-27 00:45 | カテゴリ:ペットの健康
ジャンル:ペット テーマ:ペットの健康・病気・怪我
本日の洗い立て~
ふかふか
の手術からちょうど2ヶ月たちましたが、
の周りの毛も伸びて、ゲゲゲもほとんどわかりません。(^-^)v

って重要ですね。

摘出の直後、ってコミュニケーションの大切なツール
なんだって改めて分かったのです。

奈々は
「悪性の可能性もあるし、最終的に緑内障になってしまうので、
今取ってしまったほうがよい」ということで取っちゃいました。

眼球を摘出するということは、義眼の選択肢もありません。

涙腺とかまつ毛とか全部取られて、メンテナンスフリーになります。
(半端に残っていると困ったことになります)

よくシニア犬の子で、
「ほとんどが見えない」とか「もう目が見えない」
という話は聞きますが、
「目が見えない」のと「目がない」とでは、
犬の不自由度は同じでも、飼い主側からは違うんですよ。

目って、目玉だけでなく、まぶたの動き方でも、犬は
実はいろいろなことを人間に伝えてくれるんです。。。

右目がなくなってみて初めて、そんなことが分かったんです。
残った左目は大切にしないと・・・ね!

応援お願いします!携帯はこちら→ 日本ブログ村
その後「プードルパーティ」を押してね!
  PCからはこちら↓
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://poodleparty.blog60.fc2.com/tb.php/220-eace68fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。