-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-06 02:05 | カテゴリ:ペットレスキュー
ジャンル:ペット テーマ:動物愛護
NHK総合 クローズアップ現代「ペットは泣いている」見ました。
仔犬販売が頭打ち、価格競争激化、パピーミル経営破たん。。。

繁殖場はコストを削減するために、繁殖犬に十分なエサも与えず、
病気のケアもせず、
まあ、↑は今更驚くことでもないのですが。

ネットオークションで仔犬を販売している方が
「よい仔犬をお安く消費者にお届けできる」ってことで熱意を持って
お仕事されているようなんですが、これも結局は
「安価にいい商品を」っていう物販の延長線上のものなので、
実際は、安易に犬売って、安易に犬捨てちゃう人も増やしちゃっているのでは?

とにかく、日本人は、仔犬が好き!
ペットショップで販売されている動物の92%が生後60日以内だそうな。。。

その裏で、年間殺処分されるペットの数は約10万頭。

ペットはブリーダーから直接譲ってもらっても数万円で買えるものではないし、
これからの維持費、定期的な医療費だってそれなりにかかります。
また、一緒に快適に暮らすためには、飼い主にもしつけなどの努力が必要。

そういうことを理解せず、安易に命がある動物を買って、飼いきれなくなって、
安易に捨てる。

保健所に連れて行って処分してもらうなんて卑怯ですよ。
人里離れた山の中ならなんとか生きられるのではと思い、山に捨てるのも卑怯。
その子が生きていけるよう、新しい飼い主さんを探すとか、
できるだけのことをして下さい。きっとどなたか飼いたいという方がいると思います。
それでもだめなら、自分で獣医さんに連れて行って安楽死させてあげてください。

私だって、例えば、13歳、14歳になっている愛犬が、目も見えず、耳も聞こえずで、
私もその犬を世話できないような状況に陥っていたら、、安楽死を選ぶと思います。
一時預かりだなんだと、環境の変化そのものがすごいストレスにもなりそうだし。

「飼えなくなったり、困ったときは、相談してください」
っと言ってくれるようなブリーダーからペットを買ってください。
これだけでも、不幸なケースが減ります。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://poodleparty.blog60.fc2.com/tb.php/184-39f97e8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。