-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-07 00:31 | カテゴリ:ペット・動物
ジャンル:ペット テーマ:動物愛護
5月19日に、近所のクッキーちゃんが亡くなったことをここに書きました。
今日は、クッキーちゃんのお兄ちゃんであるトム君が、7月1日に18歳で
亡くなったことを知りました。

飼い主さんは、70代のご夫婦。
こんなふうに、立て続けに逝っちゃって、奥さんはすっかり
滅入ってしまっているそうです。

トム君は1歳のときに、前の飼い主さんが飼いきれなくなって、こちらのお宅に来ました。
クッキーちゃんは12才か13才のとき、やはり同じような経緯でこちらのお宅に。

2匹とも最期まで大切にしてくれる飼い主にめぐり合えて、なんて幸せだったのでしょう。

人間も同じですが、同じ命でありながら、みなが平等ということはあり得ない、
というのが現実ですもの。。。

さて、先週末は、Save the Dog という活動のミーティングに行ってきました。
先週、こちらの岸美知子さんが、先週山梨県の多頭飼育現場を
たずねて、その様子、そして緊急に何が必要で、何ができそうなのかを
報告してくれました。こちら↓
山梨多頭飼育現場

こちらの現場は、数年前に約400頭の里親探しから始まって、
現在ここまでの数になったそうなのですが、現在99頭の犬を
実質2人でお世話している状態で、とても人が足りないのと、
「水道」というものが現場まで入っていないので、水を運ぶのも
手伝ってもらっている状態です。

これが、1頭でも2頭でも別のところで別の方に一時的なお世話を
お願いできれば、現在お世話している方が助かるのです。

実際犬をお世話している方、譲渡会を手配している方、みな、
「まだ若くて元気な犬にはペットとして普通の家庭に行ってほしい」
また、「先が長くない子はせめて少しでも安らかな日々を送ってほしい」という
気持ちでなんとか動いています。

是非お時間があるとき、読んでみてください。
Save the dog ブログ
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://poodleparty.blog60.fc2.com/tb.php/181-de796cc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。