-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-20 12:09 | カテゴリ:民族・文化
ジャンル:ペット テーマ:犬との生活
オランダ戦、日本惜しかった。。。

ところで、
オランダって私にとってはあまり親しみがない国なのですが、
一ついいお話を知っているので、お時間ある方は聞いていってください。^^

私がカナダで住んでいた町の近くに
Royal Botanical Gardenという大きな植物園があって、
園には絶対車でしか移動できない距離に4つの植物園があるんです。

その一つがRock Gardenといって、岩をふんだんに使った
階段の多い作りの庭で、日本のお庭の作りなどを参考に
したデザインだと思います。
(日本からもたくさんの桜が寄贈されています。)

ロックガーデン1

ここは4月にはたくさんのチューリップが咲きます。
この球根は、オランダから無償で頂いているとか。

なぜって?

第2次世界大戦中、オランダのローヤルファミリーは
戦火を逃れてカナダに非難していました。

そして、その間にオタワの病院で皇女様が生まれたのですが、
オランダの法律上、皇女はオランダの地で生まれていなければ
ならないとか、そうでないと、国籍の取得ができないとか
で、オランダの国外で生まれるということがまずかったのです。

そこで、カナダは、その病院のフロアーあったか、敷地だったか
ちょっと定かでないのですが、そこをオランダ国の土地とすることで、
オランダにとってのdifficultyをそれ以上困難なことにしないよう、
手配したのです。

それ以来、友好の印として、オランダから毎年2万個の
チューリップの球根が送られているそうです。

red tulips

ちょっと調べたら、こんなページが見つかりましたよ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Canadian_Tulip_Festival

Because of the ongoing Canadian support for the Netherlands during the war, Seymour Cobley of the Royal Horticultural Society actually donated 83,000 tulips to Canada from 1941-1943, several years before the Royal Family followed suit.

Photographer Malak Karsh became widely known for his photographs of the Tulip Festival.

While the Netherlands continues to send 20,000 bulbs to Canada each year (10,000 from the Royal Family and 10,000 from the Dutch Bulb Growers Association), by 1963 the festival featured more than 2 million, and today sees nearly 3 million tulips purchased from Dutch and Canadian distributors.

いい話ですね♪

いつも訪問ありがとうございます!応援クリックよろしくです。↓
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング
スポンサーサイト
2008-05-02 03:37 | カテゴリ:民族・文化
ジャンル:ペット テーマ:わんことの生活
こどもの日鯉のぼり幼稚園児

近所の幼稚園にあがった鯉のぼり。
カラフルできらきら、元気いっぱい。子供たちが作るものってなんて魅力的なんでしょう!
この鯉のぼりたちがあがったときは、道行く人たちが足を止めて見入っていました。

さてさて、所沢周辺で活躍中のペットシッタートコトコさんが、
新しくスタッフを募集しています。

ペットシッターとは、飼い主さんがご旅行されているときや、お留守のときにペットのお世話をするお仕事です。
トコトコさんでは、事前に細かく打ち合わせをするので、安心してペットを任せることができます。

うちもいつか両方が留守にしなければならないときには、トコトコさんにお願いするつもり。

ご興味がある方は、
ペットシッタートコトコさんのHP
で詳細を確認してくださいね。
http://toco2dog.com/
2008-01-27 17:52 | カテゴリ:民族・文化
ジャンル:スポーツ テーマ:大相撲
まだ興奮さめやらぬ。
いや、すばらしい相星決戦でした、感激!
白鵬も強かったけど、朝青龍もすごかったわー。
まさに「力比べ」を感じる場面があって、
やっぱりお相撲って楽しい。
2横綱が強いってことが角界を盛り上げてくれるし、
がんばってねー。

それにしても、若いころから日本語に接しているとはいっても
朝青龍も白鳳もすごく日本語が上手で感心します。
彼ら以外の外国人力士すべてに感じますが、もし力士辞めても
通訳のお仕事ができそうですよね。
2007-01-23 00:51 | カテゴリ:民族・文化
ダイエーで買い物してたら、
「鬼はそと~、福はうち~、
ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ
豆の音~、、、」
の歌が聞こえてきて、私はとっさに
「はて?正月はもう終わったはずなのに、、、
なんで正月の歌が流れているのだろう。。。?」
と思ってしまいました。

な、なんと、節分の歌だったのね。(爆)
一人で受けてしまった。
しょーもなくて、すみません。
2006-07-24 01:29 | カテゴリ:民族・文化
久しぶりに相撲見ちゃいました。
千秋楽を中入りから1時間半ほど。。。
いやー、白鵬が朝青龍を破った一番はよかった。
まあ、まだまだ朝青龍の時代は続きそうだけど、
一つの時代(朝青龍の一人横綱)の区切りをにおわせる
一番だったと思います。

それにしても、最近の力士ってみんな愛想が良いしよくしゃべるわ。
昔なんて、NHKのインタビュアーが困っちゃいそうに無口な力士が多くて、
みてるこっち(たぶん私は小学生)がはらはらしたりしてたもんね。
朝青龍なんて、観客を沸かすのが上手。笑顔もいいし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。