-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-29 11:36 | カテゴリ:ペットレスキュー
ジャンル:ペット テーマ:里親募集
先日里親を探しているルイ君のことを書きました。

ルイ君と、コーギーのメイくんは、現在ドッグライフプランナーズ
さんのところでお預かりされています。
メイ君
メイ君 1歳2ヶ月、犬にも人にも友好的。基本しつけできてます。
ルイ君顔アップ
ルイ君 3歳 しつけ勉強中。

ドッグライフプランナーズさん梶ヶ谷校にて6月6日(日)13:00-16:00に譲渡会をします。
川崎市高津区下作延2-37-26 TEL:044-855-5562

事前にご連絡いただければ幸いです。

いつも訪問ありがとうございます!応援クリックよろしくです。↓
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング
スポンサーサイト
2010-05-27 08:22 | カテゴリ:ペットレスキュー
ジャンル:ペット テーマ:猫に関するニュース・小話・ネタ
昨夜、雨の中、家に向かって運転中。
住宅街で、暗闇から、猫ちゃんが車の前を横切っていきました。。。
あぶな~い・・・・>_<

こっちはもちろん急ブレーキです。
はー、はー、、、( ̄□ ̄;)

こんな雨降っている夜、轢かれちゃってもおかしくない。
お外自由の猫ちゃん、轢かれる危険もあるけど、
このように、運転している側も事故る可能性がる。

絶対家に入りたくない猫ちゃんはどうしようもないとしても、
子猫から育てるのなら、おうちの中にいるように
育ててあげてほしいなぁ。

っと改めて思いました。

どくだみのお花
どくだみのお花。
間近で見ると結構かわいい。

いつも訪問ありがとうございます!応援クリックよろしくです。↓
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング
2010-05-20 07:26 | カテゴリ:ペットレスキュー
ジャンル:ペット テーマ:里親探し
ポメラニアンの男の子が里親さんを探しています。
ルイ君、2007年1月生まれの3歳です。
ルイ君バッグ
明るくて活発!とにかく元気!
って、見ればわかりますよね。^^
ルイ君顔アップ
まーるで縫いぐるみだ。
ルイ君全身
人懐っこく、お散歩時のひっぱりもほとんどないそうです。

私のほうに右下のメールフォーム欄からご連絡、 
または "Save the Dog" までお問い合わせください。

~不幸な犬たちを救う会~
Save the Dog
TEL: 03-3421-8827
Mail: info@savethedog.jp (←@を半角@にして)
http://savethedog.jp

いつも訪問ありがとうございます!応援クリックよろしくです。↓
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング
2009-08-06 02:05 | カテゴリ:ペットレスキュー
ジャンル:ペット テーマ:動物愛護
NHK総合 クローズアップ現代「ペットは泣いている」見ました。
仔犬販売が頭打ち、価格競争激化、パピーミル経営破たん。。。

繁殖場はコストを削減するために、繁殖犬に十分なエサも与えず、
病気のケアもせず、
まあ、↑は今更驚くことでもないのですが。

ネットオークションで仔犬を販売している方が
「よい仔犬をお安く消費者にお届けできる」ってことで熱意を持って
お仕事されているようなんですが、これも結局は
「安価にいい商品を」っていう物販の延長線上のものなので、
実際は、安易に犬売って、安易に犬捨てちゃう人も増やしちゃっているのでは?

とにかく、日本人は、仔犬が好き!
ペットショップで販売されている動物の92%が生後60日以内だそうな。。。

その裏で、年間殺処分されるペットの数は約10万頭。

ペットはブリーダーから直接譲ってもらっても数万円で買えるものではないし、
これからの維持費、定期的な医療費だってそれなりにかかります。
また、一緒に快適に暮らすためには、飼い主にもしつけなどの努力が必要。

そういうことを理解せず、安易に命がある動物を買って、飼いきれなくなって、
安易に捨てる。

保健所に連れて行って処分してもらうなんて卑怯ですよ。
人里離れた山の中ならなんとか生きられるのではと思い、山に捨てるのも卑怯。
その子が生きていけるよう、新しい飼い主さんを探すとか、
できるだけのことをして下さい。きっとどなたか飼いたいという方がいると思います。
それでもだめなら、自分で獣医さんに連れて行って安楽死させてあげてください。

私だって、例えば、13歳、14歳になっている愛犬が、目も見えず、耳も聞こえずで、
私もその犬を世話できないような状況に陥っていたら、、安楽死を選ぶと思います。
一時預かりだなんだと、環境の変化そのものがすごいストレスにもなりそうだし。

「飼えなくなったり、困ったときは、相談してください」
っと言ってくれるようなブリーダーからペットを買ってください。
これだけでも、不幸なケースが減ります。
2008-04-17 01:44 | カテゴリ:ペットレスキュー
ジャンル:ペット テーマ:里親探し
4月13日(日)はドッグライフプランナーズさん主催のわんわんパーティに
Snack21天然サーモンのおやつの紹介を兼ねて、参加させていただきました。
自由が丘のLAMANDAさんのスタジオ内でのパーティで、室内なので、
よい写真がとれませんでしたが、たくさんのトイプードルとヨーキー、
ジャックラッセルテリアなど小型犬の集まりで、小さいスペースに、
15匹以上はいたともいますが、みんなお利口さんでびっくりでした。
さすが、都会に生きる犬たちは違う、、、なんて思ったりして。

まずはみなさんご挨拶の後、
本日お集まりのワンちゃんたちがモデルとなって、
中目黒のブルブブさんの素敵なファッションショー(春夏コレクション)。
そしてゲーム。
みんながんばりましたー!お疲れ様。

ドッグライフプラナーズの岸美知子さんたちの、Save The Dogという活動は、
イベントなどで集まったお金の10%を保護活動などに寄付しています。
動物の保護って、実際は持ち出しでやっている方が多いいのですよね。

また、命の救済が主になってしまって、的確なイバリュエーションなしに
どこでもよいので、動物を引き取ってもらうというのは、長い目で見ると、
決して解決ではないです。
殺される動物がいなくなることはないだろうけど、この先一般家庭でやっていけそうに
ない動物であっても、せめて人道的な死(安楽死)を与えてあげられたらよいのではないか?
とちょっとずつ行政に働きかけています。

安楽死については、本当に私も同感なんです。
全部の命を救うことは無理です。これはどこの世界でも一緒。
でもせめて、苦しませないでほしい。

日本だとスペース的な問題もあるのかもしれませんが、保護された犬が
束になって同じ部屋に入れられているのも、いいはずないよな?って思っています。

ということで、私もちょっとですが、応援していければと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。